> > 水素インフラ、液化で効率的に 川崎重工の純国産・産業用水素液化システム

水素インフラ、液化で効率的に 川崎重工の純国産・産業用水素液化システム

 印刷 記事を保存

川崎重工(東京都)は、産業用では初となる純国産独自技術の水素液化システムを開発し、水素液化試験を開始すると発表した。

同システムは、水素液化機、液化した水素を貯蔵する液化水素貯蔵タンクなどで構成され、圧縮した水素ガスを冷凍サイクルで冷やされた水素と液化機内で熱交換しながら冷却することで液化水素を製造する。播磨工場(兵庫県加古郡)内の水素技術実証センターに設置され、1日あたり約5トンの水素を液化する能力を有する。純国産の独自技術で開発され、同社が保有する極低温物質のハンドリング技術や高速回転機械の開発で培ったタービン技術が活用されている。

(※全文:711文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.