> > 水素インフラ、液化で効率的に 川崎重工の純国産・産業用水素液化システム

水素インフラ、液化で効率的に 川崎重工の純国産・産業用水素液化システム

記事を保存
水素インフラ、液化で効率的に 川崎重工の純国産・産業用水素液化システム

川崎重工(東京都)は、産業用では初となる純国産独自技術の水素液化システムを開発し、水素液化試験を開始すると発表した。

同システムは、水素液化機、液化した水素を貯蔵する液化水素貯蔵タンクなどで構成され、圧縮した水素ガスを冷凍サイクルで冷やされた水素と液化機内で熱交換しながら冷却することで液化水素を製造する。播磨工場(兵庫県加古郡)内の水素技術実証センターに設置され、1日あたり約5トンの水素を液化する能力を有する。純国産の独自技術で開発され、同社が保有する極低温物質のハンドリング技術や高速回転機械の開発で培ったタービン技術が活用されている。

水素液化システムの構成

水素液化システムの構成

このほど開発後の試運転において液化水素の製造が確認され、本格的な性能評価試験へ移行することとなった。この試験では、水素液化システムの製品化に向けて、性能や信頼性、保守性などを確認するとともに技術改良を行う。また、水素エネルギーの普及に向け、より大型で高効率な液化システムの開発に取り組み、水素インフラ市場での優位性を確保していく。

年内にも燃料電池自動車の販売開始が予定されるなど、水素利用の飛躍的な拡大が予想される一方、水素を市場に大量導入するためには、効率的な輸送・貯蔵システムの確立が不可欠。水素は液化すると体積が約800分の1になり、利用の際は蒸発させるだけで高純度の水素ガスが得られることから、同社は液化水素を中心とする水素サプライチェーンの構築に取り組んでいる。

また、水素の大量導入を支える水素の製造、輸送・貯蔵および利用までの一貫したサプライチェーン構築に向けて、必要となるインフラ技術の開発・製品化にも取り組んでいる。具体的には、大量輸送・貯蔵の入口となる水素液化システムのほか、液化水素運搬船や液化水素貯蔵タンク、さらには水素燃料に対応したガスタービンなどの開発・製品化を推進している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.