> > パナソニック、災害時にAC100Vコンセントが使えるソーラー街路灯を発売

パナソニック、災害時にAC100Vコンセントが使えるソーラー街路灯を発売

記事を保存
パナソニック、災害時にAC100Vコンセントが使えるソーラー街路灯を発売

パナソニック エコソリューションズ社は、災害など非常時に電源が確保できる非常電源機能付きのソーラー街路灯(太陽電池パネル1枚タイプと、2枚タイプの二型)を12月1日より発売する。

同製品は太陽電池で発電した電力をAC100Vに変換でき、避難場所などの防災拠点で、携帯電話やスマートフォン、ラジオ、拡声器など、避難時に必要な電気機器を合計で50W以内充電ができる機能を持つ。(20W相当の機器使用の場合、太陽電池パネル2枚タイプで、非常電源は約30時間使用可能)

同社はこれまでも、非常時の夜間照明をできるだけ長時間確保したいという社会的ニーズに応え、LED照明を搭載したソーラー街路灯を発売してきた。同新製品はそれらの基本機能に、非常電源が確保できる機能を付加したものだ。

LED照明は、日没から日の出までの終夜点灯(約14時間)で5日間の点灯が可能だ。同社は、同製品について、避難場所である公園や学校、街路、集合住宅周辺や公共施設の外構などへの設置を推奨している。また、各種ともそれぞれ1億2,000万円の売り上げを見込む。

用途(あかりと非常電源)

用途(あかりと非常電源)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.