> > 環境対応型ディーゼルトラックの導入補助金 12月5日から特別募集スタート

環境対応型ディーゼルトラックの導入補助金 12月5日から特別募集スタート

記事を保存

全日本トラック協会は、保有車両数5両以上30両以下の一般貨物自動車運送事業者等による先進環境対応型ディーゼルトラックの導入に対する補助金申請の概要を発表した。

補助対象は、車両総重量3.5t超の事業用ディーゼルトラックのうち「平成27年度重量車燃費基準達成車」かつ「平成21年排出ガス基準適合かつNOx・PM+10%以上低減車」、「平成27年度重量車燃費基準+5%以上達成車」かつ「平成21年排出ガス基準適合車」のいずれかの基準を満たす車両を導入する等の要件を満たすもの。

補助率は通常車両価格との差額の1/2以内。補助額は大型100万円、中型70万円、小型40万円。補助上限台数は1事業者あたり1台。

予算額は約20億円。補助金を申請できるのは補助対象車両の車検証上の所有者。申請先は申請者が所在する各都道府県トラック協会。12月5日に申請の受付を開始。補助金申請額が予算額に達した日をもって申請受付を終了する。

この補助金は、平成25年度補正予算における「トラック輸送の省エネ対策の推進(燃料費高騰対策)」の特別募集。燃料価格の高止まりに対する国の緊急的な対策として実施される。

【参考】
国土交通省 - 先進環境対応型ディーゼルトラックの導入に対する補助の特別募集について
公益社団法人全日本トラック協会 - 「トラック輸送の省エネ対策の推進」の特別募集について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.