> > リチウムイオン蓄電池、産総研・東大が充放電のしくみ解明に一歩前進

リチウムイオン蓄電池、産総研・東大が充放電のしくみ解明に一歩前進

 印刷 記事を保存

産業技術総合研究所と東京大学は共同で、リチウムイオン電池が充放電しているときの正極材料の詳細な電子状態を、軟X線発光分光法を用いて解明したと発表した。

既存材料を用いたリチウムイオン電池の充放電機構の詳細が明らかになることで、次世代のより高性能な電極材料開発に貢献できるものと期待される。

この研究のポイントとして、以下3点をあげる。

  • リチウムイオン電池が充放電する際の電極の電子状態を観測するための電池セルを開発
  • 軟X線発光分光法によりリチウムイオン電池電極の電子の詳細な振る舞いを解明
  • 充放電機構の解明により安定性の高いリチウムイオン電池の開発に期待

本研究では、充放電時の軟X線発光分光測定のために、有機電解液とリチウム負極を備えたリチウムイオン電池の正極を分析するための特殊な電池セルを開発した。この電池セルを用いて、マンガン酸リチウム正極中マンガン原子の充放電時の電子の出入りの様子を解析した。なお、軟X線発光分光測定は、大型放射光施設SPring-8の東大アウトステーションBL07LSUにおいて行った。

本研究の概要等は以下の通り。

(※全文:2,214文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.