> > 省エネ法改正 建材トップランナー制度の対象にサッシ・複層ガラスを追加

省エネ法改正 建材トップランナー制度の対象にサッシ・複層ガラスを追加

記事を保存

経済産業省は、省エネ法を一部改正し、建材トップランナー制度の対象となる熱損失防止建築材料として、新たに「窓(サッシ及び複層ガラス)」を追加すると発表した。11月28日に公布され、11月30日より施行される。

エネルギーの使用の合理化等に関する法律(省エネ法)第81条の3では、エネルギーの使用の合理化を図ることが特に必要な熱損失防止建築材料について、これまで「断熱材」のみとしていたが、今回新たに「サッシ」と「複層ガラス」を追加する。

その際、勧告および命令等の対象になる建材トップランナー対象建築材料の製造事業者等の要件として、生産量または輸入量がサッシについては94,000窓以上、複層ガラスについては110,000平方メートル以上とすることとする。

なお、建材トップランナー制度は、製造事業者等に対して、現存する最も効率の良い建材を基に設定した目標年度(3~10年程度先)における性能(トップランナー性能)を満たすことを求める制度。

【参考】
経済産業省 - 省エネ法における建材トップランナー制度の対象となる建築材料が追加されました

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.