> > 日立建機、2014年の排出ガス規制に適合した小型油圧ショベルを発売

日立建機、2014年の排出ガス規制に適合した小型油圧ショベルを発売

記事を保存
日立建機、2014年の排出ガス規制に適合した小型油圧ショベルを発売

日立建機は、国内の特定特殊自動車(オフロード法)排出ガス2014年基準適合の新型エンジンを搭載した小型油圧ショベル2機種を12月1日に発売する。

今回発売されるのは、ZAXIS-5シリーズの後方超小旋回タイプ「ZX75US-5B」と超小旋回タイプ「ZX75UR-5B」。2機種とも、作業負荷に応じて、きめ細かなエンジン回転を制御する電子制御式の新型エンジンの採用や油圧システムの改良により、燃費効率を向上させ、従来機と比べ低燃費と高い作業性能を実現したのが特長。

新しいECOモードでは、従来機のPモードに比べ、同等の作業量において「ZX75US-5B」で約15%、「ZX75UR-5B」で約20%の燃費を低減。特に「ZX75US-5B」は、従来機のPモードに比べ、新しいECOモードでは約9%、新しいPWRモードでは約16%作業量が向上している。価格は「ZX75US-5B」870万円、「ZX75UR-5B」1,130万円。国内向けで年間2,000台の販売を目指す。

そのほか、機械を操作しない状態が続くと、自動的にエンジンが停止する「オートアイドリングストップ機能」を新たに搭載し、アイドリング時の無駄な燃費消費を抑え、排出ガスの排出量を低減する。

また、2機種ともに2020年燃費基準で☆☆☆(三ツ星レベル)を達成。欧州(StageⅢB)、北米(Tier 4)の排出ガス規制にも対応している。さらに、排出ガスの後処理装置として、PM(粒子状物質)を捕集し燃やすマフラーフィルタを搭載している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.