バイオマス熱併給発電事業で新規雇用1100人、税収3倍 オーストリアの事例

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

ギュッシングは、ハンガリー国境に位置する、人口およそ4000人のオーストリア地方自治体の1つ。1955年から1995年の40年間に、新しい企業が設立されない、活力のない自治体だった。

しかし、1995年に、ギュッシングの土地の約半分を占める『森林』を資源に事業展開をすべく、主に熱供給をメインにバイオマス熱併給発電事業を開始。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報