> > 2013年度、日本の温室効果ガスの排出量ふえる 原因は化石燃料の消費増

2013年度、日本の温室効果ガスの排出量ふえる 原因は化石燃料の消費増

 印刷 記事を保存

環境省は、2013年度のわが国の温室効果ガス排出量(速報値)が13億9,500万トン(CO2換算)となったと発表した。

前年度の総排出量(13億7,300万トン)と比べると、化石燃料消費量の増加により、産業部門及び業務その他部門のエネルギー起源CO2の排出量が増加したことなどから、1.6%(2,200万トン)増加した。

また、2005年度の総排出量(13億7,700万トン)と比べると、火力発電の増加による化石燃料消費量の増加により、エネルギー起源CO2の排出量が増加したことや、オゾン層破壊物質からの代替に伴い、冷媒分野からのハイドロフルオロカーボン類(HFCs)の排出量が増加したことなどから、1.3%(1,800万トン)増加した。前年度からのエネルギー起源CO2以外の排出量の増減の内訳は以下の通り。

(※全文:947文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.