> > PGSホーム、色素増感太陽電池の低コスト化に道 高耐久性電解質を開発

PGSホーム、色素増感太陽電池の低コスト化に道 高耐久性電解質を開発

記事を保存

PGSホーム(大阪市東成区)は、奈良先端科学技術大学院大学の石川泰明准教授と共同で、色素増感太陽電池向けに、従来の10倍以上の耐久性がある高耐久性電解質の開発に成功したと発表した。

本技術が実用化されれば、従来よりも低コストで耐用年数の長い太陽電池となり、発電コストが大幅に削減することが期待される。同社は、研究開発を進め、安定した量産技術の開発に取り組み、3年後の実用化を目指す。

色素増感太陽電池は、安価な半導体素材を利用し、真空設備やクリーンルームを使わず、シンプルな塗布製造プロセスで生産することができる。生産コストが低く、微弱な光でも効率良く発電できる次世代の太陽電池として活発な研究開発が行われている。

しかし、従来の一般的なアセトニトリル系電解液を使用した場合、電解液の揮発・飛散により電池性能が劣化するという問題があり、色素増感太陽電池実用化の障害となっていた。

PGSホームと同大学の石川泰明准教授は、パーフルオロカルボン酸樹脂をベースとした疑似固体電解質を開発することにより、従来の電解質の10倍以上の耐久性を得ることに成功した。

パーフルオロカルボン酸樹脂溶液を疑似固体化する過程において酸化チタン層の細孔が空洞化し、酸化チタン層・電解質界面抵抗が上昇する問題に対して、電解質にイオン液体を添加することによって解決した。なお、本研究成果は、ドイツ科学誌「ソーラー・エネルギー」電子版に掲載された。

PGSホームは、光触媒塗装を含む住宅ペイント、太陽光発電システム販売施工、一般住宅・マンション・ビルのトータルリフォームを手掛けている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.