> > PGSホーム、色素増感太陽電池の低コスト化に道 高耐久性電解質を開発

PGSホーム、色素増感太陽電池の低コスト化に道 高耐久性電解質を開発

 印刷 記事を保存

PGSホーム(大阪市東成区)は、奈良先端科学技術大学院大学の石川泰明准教授と共同で、色素増感太陽電池向けに、従来の10倍以上の耐久性がある高耐久性電解質の開発に成功したと発表した。

本技術が実用化されれば、従来よりも低コストで耐用年数の長い太陽電池となり、発電コストが大幅に削減することが期待される。同社は、研究開発を進め、安定した量産技術の開発に取り組み、3年後の実用化を目指す。

(※全文:672文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.