> > ストリングス単位で管理できる太陽光発電の計測システム パナソニックが発売

ストリングス単位で管理できる太陽光発電の計測システム パナソニックが発売

 印刷 記事を保存

パナソニック システムネットワークス株式会社 システムソリューションズジャパンカンパニー(東京都)は、発電開始後も後付けできる「太陽光発電所向け無線型ストリング計測システム」を発売した。

同システムは、ストリング単位で計測することができ、故障した太陽電池モジュールの早期特定、影や雑草等の外的影響のスピーディな異常発見により、保守・メンテナンス作業の効率化に貢献するのが特長。また、DECT(欧州電気通信標準化機構が策定したデジタルコードレス電話規格)無線を活用することで後付けすることもできる。接続箱への収納や新たな電源工事は不要なため、簡単に取り付けることができる。

(※全文:840文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.