> > トヨタの燃料電池車「MIRAI」 高圧水素タンクの一番内側はナイロン樹脂

トヨタの燃料電池車「MIRAI」 高圧水素タンクの一番内側はナイロン樹脂

記事を保存
トヨタの燃料電池車「MIRAI」 高圧水素タンクの一番内側はナイロン樹脂

トヨタ自動車と宇部興産は、燃料電池自動車の水素タンクライナー用ナイロン材料「UBENYLON 1218IU」(以下「1218IU」)を共同開発した。この材料を使った高圧水素タンクは、12月15日からトヨタ自動車が発売する燃料電池自動車「MIRAI」に搭載される。

トヨタの燃料電池自動車「MIRAI」

トヨタの燃料電池自動車「MIRAI」

「1218IU」は、ポリアミド(ナイロン)6樹脂としての優れた水素透過防止性能を有するとともに、水素ガスの充填や放出によるタンク温度の急激な変化に対する耐久性、また極寒地域での耐衝撃性等についても極めて優れた機械的性質を示す。これらの性能が「MIRAI」に搭載される高圧水素タンクのもっとも内側に使用される樹脂ライナー材としての厳しい規格に適合し認可された。

宇部興産は1959年からナイロン6樹脂の製造販売を開始し、現在はグローバルに展開してナイロン6樹脂の生産能力は14.8万tと世界3位の規模を有している。ナイロン6樹脂はプラスチックの中でも耐久性等が優れており、エンジンカバーやインテークマニホールドなど、自動車向けの様々な部材として使われている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.