> > ディズニーランド・ディズニーシー、園内で提供する野菜を植物工場で自社生産

ディズニーランド・ディズニーシー、園内で提供する野菜を植物工場で自社生産

記事を保存
ディズニーランド・ディズニーシー、園内で提供する野菜を植物工場で自社生産

オリエンタルランド(千葉県)は、山梨県北杜市に、室温、湿度、二酸化炭素濃度などの環境を制御するシステムを用いた太陽光利用型の植物工場を設置した野菜農園を設立すると発表した。

同農園では、約3haの土地で東京ディズニーランド、東京ディズニーシーで使用するトマト、ミニトマト、パプリカなど年間約250tの野菜類の生産を、季節や天候に関わらず安定的に行うことができる。北杜市は非常に長い日照時間と昼夜の寒暖差を有し、高品質な野菜類を生産できるうえ、舞浜から近いため完熟状態のものを高い鮮度で供給することが可能。生産開始は2017年度の予定。

同社は、今年度から千葉県袖ヶ浦市の農園(0.5ha)において、約100tのトマト、ミニトマトの自社生産を開始しており、パークの一部の飲食施設で使用している。北杜市の農園と合わせたトマト、ミニトマト、パプリカの総生産量は、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの飲食施設における年間使用量を十分に満たし、パークの飲食施設で使用するこれらの野菜類はすべて自社生産のものとなる予定。

同社は、今後も品目の拡大や他の地域での展開を含め、東京ディズニーリゾートで使用する野菜類などの自社生産に関する研究開発をさらに推進していく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.