> > 充電インフラが整えばEVの行動範囲は広がる? 日本チームの実験、米国で開始

充電インフラが整えばEVの行動範囲は広がる? 日本チームの実験、米国で開始

記事を保存

NEDOは、日産自動車、Nissan North America, Inc.および兼松とともに、米カリフォルニア州北部都市圏でEVの行動範囲拡大を目的とした実証事業「DRIVE the ARC」を11月14日から開始した。この実証事業では、カリフォルニア州政府とEV充電事業者「EVgo」も協力する。

この実証事業は、都市間を繋ぐ充電インフラの導入が十分でない幹線道路沿いの20カ所以上に50基の急速充電器を設置するとともに、誘導サービスシステム等を構築・提供する。これにより、EVユーザーの行動変化を分析することで、都市間に設置する急速充電器や誘導サービスシステムの有効性を実証する。

この成果が他の地域へ適用され、世界各地のEV行動範囲が広がることで、EV市場のさらなる拡大が期待されるとしている。実証事業における各社の役割は、以下の通り。

(※全文:620文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.