> > SBエナジー、ヤギ放牧の実験結果公表 歩行で踏まれた部分も除草効果

SBエナジー、ヤギ放牧の実験結果公表 歩行で踏まれた部分も除草効果

記事を保存
SBエナジー、ヤギ放牧の実験結果公表 歩行で踏まれた部分も除草効果

ソフトバンクグループで自然エネルギー事業などを行うソフトバンクエナジー、三井物産、大協組の3社は、「ソフトバンク鳥取米子ソーラーパーク」において2014年10月17日から11月30日までヤギによる除草試験を実施しており、今回、同試験の結果をウェブサイト上にて発表した。

「ソフトバンク鳥取米子ソーラーパーク」でのヤギによる除草試験は、併設の「とっとり自然環境館」および駐車場周辺の約900平方メートルにヤギの親子2頭(メス)を配置し、現場植生への除草効果、除草品質、ヤギによるセラピー効果・集客効果などについて調査するために実施された。今回はヤギによる太陽電池モジュールなどへの影響を考え、太陽光発電設備付近(パネル付近)では放牧していない。試験期間は2014年10月17日~11月30日までの45日間。自然環境館の敷地内に木柵を設け、柵内放牧を行い、ヤギに除草を促した。

除草試験結果としては、当初想定面積の約70%である約400平方メートルでの除草効果を発揮した。効果の特性として、ヤギ2頭の採食活動には嗜好性が見られ、クローバーやヨモギなどの葉の柔らかい草を好んで食べる傾向があった。一方で、ススキの葉のような萱や丈の高い草、セイタカアワダチソウなど太い茎は避ける傾向が見られた。また、採食行為以外にも歩行によって踏み倒された草も枯れることで、除草効果が認められた。

ヤギが踏んだ部分も草が枯れた(右)

ヤギが踏んだ部分も草が枯れた(右)

ヤギ除草によるセラピー効果については、「とっとり自然環境館」を訪れた顧客からヤギを懐かしむ声や、周辺に生えている雑草をちぎってヤギに与えて触れ合いを楽しむ子どもたちの姿が見られた。他にも、同館のスタッフの「ヤギに挨拶するのが日課になり、事務所の雰囲気も明るくなった」との意見があり、一定のセラピー効果があることが認められた。

集客効果については、ヤギによる除草が始まった10月以降、「とっとり自然環境館」訪問者数が約2倍に増加し、高い集客効果が見られた。一日あたりの集客を試験開始前と開始後では約4割の増加が見られた。季節要因もあり、来訪者の目的を厳密に特定することはできないが、スタッフのコメントにあるように、ヤギが集客や来訪に対する満足度の向上に対して効果を果たしているとソフトバンクエナジーは見ている。

ヤギとふれあう訪問者たち

ヤギとふれあう訪問者たち

今回の試験には、ヤギによる危害、悪臭、騒音などのトラブルや、怪我や病気など様々な懸念材料があったが、いずれも特別なトラブルになることなく終了した。

同試験はソフトバンクエナジーと三井物産が設立した特別目的会社「鳥取米子ソーラーパーク」と、および鳥取県米子市で建設業などを行う大協組によって執り行われた。今回は秋頃からの実施となったため、同社らは、来年には草の伸び始めるタイミングで試験を再開し、調査を継続する予定だ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.