> > SBエナジー、ヤギ放牧の実験結果公表 歩行で踏まれた部分も除草効果

SBエナジー、ヤギ放牧の実験結果公表 歩行で踏まれた部分も除草効果

 印刷 記事を保存

ソフトバンクグループで自然エネルギー事業などを行うソフトバンクエナジー、三井物産、大協組の3社は、「ソフトバンク鳥取米子ソーラーパーク」において2014年10月17日から11月30日までヤギによる除草試験を実施しており、今回、同試験の結果をウェブサイト上にて発表した。

「ソフトバンク鳥取米子ソーラーパーク」でのヤギによる除草試験は、併設の「とっとり自然環境館」および駐車場周辺の約900平方メートルにヤギの親子2頭(メス)を配置し、現場植生への除草効果、除草品質、ヤギによるセラピー効果・集客効果などについて調査するために実施された。今回はヤギによる太陽電池モジュールなどへの影響を考え、太陽光発電設備付近(パネル付近)では放牧していない。試験期間は2014年10月17日~11月30日までの45日間。自然環境館の敷地内に木柵を設け、柵内放牧を行い、ヤギに除草を促した。

除草試験結果としては、当初想定面積の約70%である約400平方メートルでの除草効果を発揮した。

(※全文:1,036文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.