> > 山形県、小水力発電所の運転開始 出力35kW、収入は約850万円/年

山形県、小水力発電所の運転開始 出力35kW、収入は約850万円/年

記事を保存

山形県は、同県企業局が天童市に建設していた「天童量水所小水力発電所」の営業運転を1月1日に開始した。

同発電所は、企業局村山広域水道の天童量水所(天童市貫津)において、西川浄水場から天童市八幡山配水池までの送水管の落差を活用して発電を行うもの。最大出力は35kW。有効落差は22m、最大使用水量0.226立米/秒。年間発電電力量は約25万kW/h(一般世帯80戸分の年間消費電力量に相当)。水車はインライン式リンクレスフランシス水車(田中水力製造)。発電機は三相誘導発電機400ボルト(八幡電機精工製造)。概算事業費は約1.5億円。

発電した電力は、固定価格買取制度により東北電力に全量売電する。年間850万円程度の収入を見込んでおり、固定価格買取期間の20年間で投資額を回収する見込み。(34円/kWh税抜き)。

同発電所は、東日本大震災後に、山形県内で新規に導入された小水力発電所では5カ所目、震災後に県内の水道施設に導入された発電所としては4カ所目で、そのなかで最も小さい出力の発電所となる。二酸化炭素排出量の削減効果は年間140トン(樹齢50年の杉1万本分のCO2吸収量に相当)と試算している。

【参考】
山形県 - 天童量水所小水力発電所の完成及び営業運転開始

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.