> > 東北大学など、光エネルギーを電流に変換する新しい原理を発見

東北大学など、光エネルギーを電流に変換する新しい原理を発見

 印刷 記事を保存

東北大学は日本原子力研究開発機構と共同で、特定の金属微粒子を含む磁石に可視光を照射することで、スピン(磁気)の流れを生成できる新しい原理を実証した。これまでに、半導体における光エネルギーからスピン流への変換は実証されていたが、絶縁体への光照射によるスピン流生成原理は実証されていなかった。

今回、同研究グループは、特定の金属微粒子への光照射で誘起される「表面プラズモン」と呼ばれる電子の集団運動を、磁石の中で発生させ、光のエネルギーをスピン流に変換することに世界で初めて成功した。また、これまでにスピン流を電流に変換する技術も確立しており、光のエネルギーから電流を生成する新しいエネルギー変換原理が創出されたことになる。

(※全文:1,063文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.