> > 太陽電池生産時のシリコンのゴミ、リチウムイオン電池の負極に 新製造方法

太陽電池生産時のシリコンのゴミ、リチウムイオン電池の負極に 新製造方法

 印刷 記事を保存

慶應義塾大学は、半導体デバイスや太陽電池の生産過程で大量に発生する廃シリコン粉末を主原料にカーボンナノファイバーを添加し、レーザ焼結することで、多孔質の複合厚膜の創製に世界で初めて成功した。同開発を行ったのは、同大学の理工学部機械工学科の閻 紀旺(やん じわん)教授の研究グループ。

同研究成果は、高容量かつ低コストのリチウムイオン電池負極を作るための新しい製造プロセスの可能性を示す。

(※全文:733文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.