> > 愛知県、水素エネルギーの活用セミナーを開催 NEDO、岩谷産業など登壇

愛知県、水素エネルギーの活用セミナーを開催 NEDO、岩谷産業など登壇

記事を保存

愛知県は、「次世代エネルギーシステムセミナー 水素エネルギーの利活用 その大いなる可能性」を開催する。水素エネルギーの可能性について理解を深め、本格的な利活用につなげるため、有識者による講演を行う予定だ。

水素エネルギーの利活用技術は、既に実用化されている燃料電池自動車(FCV)家庭用燃料電池システムだけでなく、船舶や鉄道、その他の輸送分野、水素発電等のポテンシャルがあり、水素の利活用を抜本的に拡大することで、大幅な省エネルギーや環境負荷低減につながり、新たな市場を開拓できる可能性があるとされる。

開催日時は、平成27年2月16日午後2時30分から午後4時50分まで(開場・受付開始は午後2時より)、栄ガスビル501会議室(名古屋市)。定員は100名で、先着順で事前登録制となっている。参加費無料。講演の内容は下記の通り。

演題

1.「水素社会の実現に向けて」

新エネルギー・産業技術総合開発機構 主任研究員 大平英二氏

2.「水素インフラ整備への取組について」

岩谷産業 水素エネルギー部 シニアマネージャー 梶原昌高氏

同セミナーは、国のエネルギー基本計画(平成26年4月閣議決定)で示された、二次エネルギー(用途に合わせて利用しやすいよう加工されたエネルギー)として水素を本格的に利活用する「水素社会」を実現するための取組を戦略的に進める方針を受け、実施される。

【参考】
愛知県 - 次世代エネルギーシステムセミナー~「水素エネルギー」の利活用、その大いなる可能性~

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.