> > 重油、潤滑油やVOCを含む汚染水を高効率で浄化する新技術 コスト75%低減

重油、潤滑油やVOCを含む汚染水を高効率で浄化する新技術 コスト75%低減

記事を保存
重油、潤滑油やVOCを含む汚染水を高効率で浄化する新技術 コスト75%低減

奥村組(大阪府)、日本海水(東京都)およびナゴヤ大島機械(愛知県)は、油分や揮発性有機化合物(VOC)を含む汚染水を高効率で浄化する技術を共同開発した。

同技術は、油分やVOCの分解に必要な酸化力の大きいオゾンに着目し、これを微細気泡化することで、反応性の高い水酸基(OHラジカル)を大量に発生、酸化力を飛躍的に向上させることにより、油分やVOCを効率よく浄化するもの。地下水汚染の対策工事および廃油処理作業に適用し、高い浄化性能を実証した。

試算では、油分を対象とした産業廃棄物処分と比べて約75%のコストを低減。VOCを対象とした活性炭吸着処理と比べても、浄化処理に要する日数を大幅に短縮できるうえ、処理過程で産業廃棄物が生じないため、ベンゼン・エチレン系VOCの場合で50%以上のコスト低減が図れる。また、これまで酸化分解処理が困難とされてきた重油、潤滑油、エタン系VOC等を含む汚染水でも浄化可能。

浄化装置(全景)

浄化装置(全景)

浄化装置は、オゾン発生装置、マイクロバブル発生器、反応槽等からなり、省スペースで処理できるコンパクトなサイズ。奥村組の「微生物を用いた油分含有汚染土壌の浄化技術」とパッケージにすることにより、今後は地下水を含めた土壌全体の浄化技術として、積極的に提案していく。

貯油施設等を有する事業場や工場の敷地や跡地で、土壌汚染対策法および水質汚濁防止法に基づく調査で油分やVOCによる土壌や地下水の汚染が確認された場合、汚染の拡散防止のために、土壌の掘削除去や地下水の揚水処理などの対策が必要になる。これらの対策過程で発生した汚染水を処理する方法としては、有害物質が主に油分の場合は産業廃棄物として中間処理場で処分、VOCの場合は活性炭吸着処理や酸化分解処理による排水可能なレベルまでの水質浄化が一般的だが、産業廃棄物処分はコストが高く、活性炭吸着処理や酸化分解処理についても、処理日数が長期に及ぶうえ、処理過程で産業廃棄物が生じるなどコストの面で課題がある。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.