> > 電力自由化で電力会社を変更したい一般消費者、64%も 料金の安さを重要視

電力自由化で電力会社を変更したい一般消費者、64%も 料金の安さを重要視

記事を保存
電力自由化で電力会社を変更したい一般消費者、64%も 料金の安さを重要視

博報堂エネルギーマーケティング推進室は、2016年の「電力小売の自由化」に向けた調査結果を発表した。電力小売り自由化の認知率は80.8%、自由化時に「電力会社を変えてみたい」と答えた人は64%、電力会社選択時に最重視するポイントは「料金の安さ」で75.5%だった。

電力小売自由化の認知率は女性が76.2%に対して男性が84.8%で、男性の方が認知度が高いことが分かった。自由化時に「電力会社を変えてみたい」と答えた人は、「電気代が今と一緒でも電力会社を変えてみたい」(5.9%)、「電気代が今までより安くなるのであれば電力会社を変えてみたい」(58.1%)を合わせて64%と全体の2/3に上った。

電力自由化による電力会社変更意向(%)

電力自由化による電力会社変更意向(%)

変えてみたい人の電力会社の変更時期については、「自由化後すぐに変える」と答えた人が17.2%、「最初に変えた人の様子を見て変える」と答えた人が49.2%で約半数となった。「自由化後すぐに変える」という人は、男性21.1%に対して女性は12.0%で女性の方が慎重な傾向にある。

電力自由化による電力会社変更時期・性別の電力自由由化による電力会社スイッチ意向

現状からどれぐらい下がれば他の電力会社への切り替えを検討するかについては、「料金が下がらなくても切り替える」が5.6%、「10%までの引き下げ率」で42.1%、「15%までの引き下げ率」で66.9%が切り替えると答えた。10~15%価格が引き下げられれば、電力会社変更の動きが活発になりそうだ。

料金低下レベル別電力会社切り替えの実施意向

料金低下レベル別電力会社切り替えの実施意向

電力会社選択時に最重視するのは「料金の安さ」(75.5%)、「料金メニューや手続きのわかりやすさ」(54.4%)、「安心安全イメージの企業」(49.9%)の順。60代女性に限っては「安心安全イメージ」「手続きのわかりやすさ」が「料金の安さ」より支持が高かった。

電力自由化時における、電力会社選択時重視点

電力自由化時における、電力会社選択時重視点

想定される割引サービスの利用意向は「長期契約による割引メニュー」(64.9%)、「時間帯によって料金単価が異なるメニュー」(59.5%)、「電機とガスや水道のセット販売による割引メニュー」(58.8%)の順で、分かりやすい割引サービスが支持される傾向にある。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.