> > 「自然エネルギー拡大のための日本の挑戦」 自然エネ財団、国際イベント開催

「自然エネルギー拡大のための日本の挑戦」 自然エネ財団、国際イベント開催

記事を保存

ソフトバンクグループ代表の孫正義氏が設立・会長を務める自然エネルギー財団は、2015年3月4日(水)に、国際シンポジウム「REvision2015 自然エネルギー拡大のための日本の挑戦」を内幸町・イイノホールにて開催する。

本シンポジウムでは、COP21の開催を年末に控え、野心的な気候変動政策と自然エネルギー目標が国際的にも期待される中で、日本がどのような自然エネルギー政策を進めていくべきか、内外の専門家とともに議論する。

参加費は無料。シンポジウム後にレセプション(参加費3,000円)を開催する。シンポジウムは事前予約、レセプションは事前登録が必要。

アデア・ターナー卿

アデア・ターナー卿
ニュー・エコノミック・シンキング上級研究員

基調講演は、ニュー・エコノミック・シンキング上級研究員のアデア・ターナー卿が、「持続可能な未来のためのエネルギー政策(仮)」をテーマに行う。同氏は、英国産業連盟(日本の経団連に匹敵)の事務局長を務めた経済界の重鎮で、英国政府の気候変動委員会会長として、2008年に二酸化炭素の削減量を定める、気候変動に関する報告書をとりまとめた。

自然エネルギー財団は、自然エネルギー普及促進に向けて、政策やビジネスモデルの提言をはじめ、ネットワーク作りを支援する活動を展開している。

シンポジウムの概要は以下の通り。

日時

3月4日(水)10:00~17:40(開場9:30)*日英同時通訳あり

会場

イイノホール(東京都千代田区内幸町2‐1‐1 飯野ビルディング4F~6F)

主催

公益財団法人 自然エネルギー財団

参加費

無料(事前予約が必要)
※シンポジウム後のレセプションへの参加も希望される場合は、併せて事前登録が必要。(参加費3000円、イイノホール&カンファレンスセンターRoom Aにて18:00より)

参加申込

ウェブサイトより申し込み、受付は先着順。定員に達した場合は申込を締め切る。

プログラム(午前) ※登壇者は変更の可能性有り

開会の辞

基調講演「持続可能な未来のためのエネルギー政策(仮)」

  • アデア・ターナー卿
    (ニュー・エコノミック・シンキング上級研究員)

セッション1「世界における自然エネルギーの拡大と日本」

  • 【モデレーター】
    アリ・イザディ・ナジャファバディ氏
    (ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス日本代表)

  • スティーブ・ソーヤー氏
    (世界風力エネルギー会議 事務局長)
  • 大西英之氏
    (GEパワー&ウォーター 日本代表)
  • 高本学氏
    (日本風力発電協会代表理事)
  • 鈴木伸一氏
    (太陽光発電協会事務局長)

プログラム(午後) ※登壇者は変更の可能性有り

セッション2「電力市場における自然エネルギー大量導入に向けた政策と日本の課題」

  • 【モデレーター】
    大林ミカ氏
    (自然エネルギー財団事業局長)

  • トム・ブラウン氏
    (エナジーノーティクス社 研究員)
  • アレクサンドル・ロシュ氏」
    (欧州太陽光産業協会 規制関連業務部長)
  • ドルテ・フーケ氏
    (ベッカー・ビュトナー・ヘルド 弁護士・パートナー)
  • 高橋洋氏
    (富士通総研 主任研究員)

セッション3:未来を見据えた持続可能な「エネルギー・ミックス」

  • 【モデレーター】
    トーマス・コーベリエル氏
    (自然エネルギー財団理事長)

  • 大野輝之氏
    (自然エネルギー財団常務理事)
  • エリック・マーティノー氏
    (北京理工大学教授)
  • ハンス・マーティン・ヘニング氏
    (フラウンホーファー ISE 副所長)
  • ジョン・A・マシューズ氏
    (オーストラリア・マッカリー大学教授)

閉会の辞

  • 末吉竹二郎氏
    (自然エネルギー財団副理事長)

レセプション

【参考】
自然エネルギー財団 - 国際シンポジウム REvision2015 自然エネルギー拡大のための日本の挑戦

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.