> > 兵庫県、バイオマス活用の好事例をイベントで紹介 ペレット製造で地域創生など

兵庫県、バイオマス活用の好事例をイベントで紹介 ペレット製造で地域創生など

記事を保存

兵庫県は2月13日、県民や事業者等のバイオマス利活用に対する意識醸成を図る「『農』のゼロエミッション推進大会」を開催する。この中でバイオマスを利活用した先導的取組を登録し、広く紹介する「ひょうごバイオマスecoモデル」に新たに登録する3事業者の登録証授与式並びに取組事例の紹介を行う。

今回登録されるのは、NPO法人バイオマス丹波篠山(篠山市)の『「木の駅」とペレット製造等による地域活性化、バイオマス利用普及啓発』、バイオマスたんば(丹波市)の『未利用材からの燃料用チップの製造』、神戸市建設局西水環境センター(神戸市)の『下水汚泥からのバイオガス発電』。

また、バイオマス産業都市選定市町村からの事例発表として、岡山県英田郡西粟倉村産業観光課課長・上山隆浩氏による「西粟倉村バイオマス産業都市構想について~エネルギー自給率100%を目指す地域づくり~」と題した発表が行われる。

会場は兵庫県土地改良会館(神戸市中央区)。参加は無料。先着100名。参加希望者は事前申し込みが必要。

兵庫県は、再生可能な生物由来の有機性資源(バイオマス)を、エネルギー化や肥料化などの利活用を総合的に進めることにより「廃棄物ゼロ」をめざす「『農』のゼロエミッション」を推進している。平成17年度に「ひょうごバイオマスecoモデル」を創設し、登録件数は累計59件となる。

【参考】
兵庫県 - 平成26年度「『農』のゼロエミッション推進大会」の開催及び「ひょうごバイオマスecoモデル」の登録取組の決定について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.