> > 除染作業で発生した土壌、中間貯蔵施設への輸送計画が公表

除染作業で発生した土壌、中間貯蔵施設への輸送計画が公表

 印刷 記事を保存

環境省は、除染に伴い生じる土壌や廃棄物等(除去土壌等)の平成26年から27年度の輸送実施計画(パイロット輸送)を公表した。

同省は、昨年11月に除去土壌等の中間貯蔵施設までの輸送にあたっての原則や基本的事項等について、輸送基本計画として策定しており、今回の策定はより具体的な実施計画となる。除去土壌は除染現場や仮置き場で3年ほど一時的に保管したあと、中間貯蔵施設へ輸送され、減容化などを行う。

(※全文:406文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.