> > プラスチック製品の店頭回収・リサイクルの実証 今年はさらに拡大、130社に

プラスチック製品の店頭回収・リサイクルの実証 今年はさらに拡大、130社に

 印刷 記事を保存

環境省は、容リ法の対象外である生活用品等のプラスチック製品の効率的な回収・リサイクルを促進するため、店頭・モール等での回収によるリサイクルの実証事業「PLA-PLUS(プラプラ)プロジェクト」を開始した。

回収対象は文具やおもちゃなどのプラスチック製品。消費者には、リサイクルしたいプラスチック製品を、店頭・店内等に設置している回収ボックスへ投入、またはレジ等に持ち込み引き渡してもらう。回収場所は参加企業、団体等のモール、店舗、オフィス、幼稚園など。

実施期間は1月29日~3月22日。期間中、企業・回収場所・店舗ごとに随時開催。今年は回収実施企業等130企業・団体(回収参加企業・団体42、サポート企業・団体88)の協力のもと実施する。事務局は日本環境設計(東京都)。

同プロジェクトは2012年にスターバックス、アスクルなど回収参加企業6社でスタート。2013年2月にはイオン、イトーヨーカドーなど大手スーパーも加わり11社、2013年11月~2014年3月には家電量販店8社などが加わり46社に拡大した。

(※全文:876文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.