> > 紙ごみ・生ごみを原料にバイオエタノールを製造する実証プラント完成

紙ごみ・生ごみを原料にバイオエタノールを製造する実証プラント完成

記事を保存
紙ごみ・生ごみを原料にバイオエタノールを製造する実証プラント完成

日立造船は、「紙ごみ」と「生ごみ」を原料としたバイオエタノール実証プラント(京都市西京区)が完成し、実証試験を開始したと発表した。本実証プラントは、同社が京都市および熊本大学と連携し、「都市油田」発掘プロジェクトとして開発を進めてきたもの。

本実証プラントでは、京都市内の家庭等から回収する一般廃棄物中の紙ごみや生ごみ等のバイオマスから化石燃料の代替となるバイオエタノールを製造し、さらに、発酵残渣からメタンガスを製造することで、バイオマスが保有するエネルギーを最大限に回収できる。また、本技術では蒸留やメタン醗酵のプロセスにおいて熱源を必要とするが、ごみ焼却発電施設における未利用の低温排熱を活用することを想定しており、エネルギーの有効活用を図ることができる。本実証プラントの主要設備は、二軸破砕機、破砕分別機、パルパー、反応槽、蒸留塔、メタン発酵槽。

同プロジェクトは、2011年度および2012年度の環境省の環境研究総合推進費補助金事業に採択された「廃棄物からのバイオマスの回収とエタノール変換技術の開発」として、京都市、熊本大学、日立造船の産学公連携により開始。さらに、2013年度および2014年度の環境省のCO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業に採択された「都市域廃棄物からのバイオマス二段階原燃料化システム実証研究」として、実機の建設を見越したプロセスの開発および実証プラントの建設を行っており、効率的にバイオエタノールを製造する運転条件のデータ収集を実証試験で行う。

同社は、中期経営計画「Hitz VisionⅡ」において「環境・グリーンエネルギー」を事業ドメインの1つに掲げており、ごみ焼却発電およびバイオマス関連の技術開発を積極的に進めているが、本プロジェクトを成功させ、循環型社会の構築に貢献していきたい考えだ。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.