> > 秋田県の大規模地熱発電事業(42MW)、JOGMECから債務保証を受ける

秋田県の大規模地熱発電事業(42MW)、JOGMECから債務保証を受ける

記事を保存
秋田県の大規模地熱発電事業(42MW)、JOGMECから債務保証を受ける

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は、湯沢地熱(秋田県)による秋田県湯沢市での地熱発電事業を債務保証対象事業として採択した。この「山葵沢地熱発電所(仮称)」の設備容量は4万2,000kW(発電端39,350kW、送電端36,050kW)で、1万kW以上の大規模地熱発電所としては、平成8年11月に運転を開始した滝上発電所(大分県)以来、約20年ぶりの事業となる。

湯沢地熱が建設するダブルフラッシュ方式の地熱発電所の建設に対して、資金の一部(26,259百万円)をみずほ銀行(主幹事)、三菱東京UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、秋田銀行及び北都銀行から長期借入で調達し、JOGMECはこの借入の80%に対する債務を保証する。

JOGMEC債務保証を利用すると、民間の金融機関から請ける融資の一部を、JOGMECが保証してくれる

JOGMEC債務保証を利用すると、民間の金融機関から請ける融資の一部を、JOGMECが保証してくれる

JOGMECは平成24年9月から、地熱資源に関する調査助成や技術開発等による支援事業を進めてきた。地熱発電所建設においては、出力1万kW以上の場合、環境影響評価の実施が必要となっており、本件は、この評価を必要とする大規模地熱発電案件に対する、初めての債務保証事業となる。

事業位置図(提供 :湯沢地熱株式会社)

事業位置図(提供 :湯沢地熱株式会社)

発電所の建設予定地は、湯沢市高松字高松沢・秋ノ宮字役内山国有林内(山葵沢地域及び秋ノ宮地域)。発電方式はダブルフラッシュ方式(生産井から得られた一次蒸気及び熱水を減圧することによって得られる二次蒸気により発電するシステム)。建設期間は平成27年4月~平成31年5月。運転開始は平成31年5月。

【参考】
経済産業省 - 20年ぶりの大規模地熱発電事業に対する債務保証案件を採択しました

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.