> > 家電リサイクル法改正、リサイクル率のメーカー向け基準がアップ

家電リサイクル法改正、リサイクル率のメーカー向け基準がアップ

 印刷 記事を保存

経済産業省は、昨年10月にとりまとめられた「家電リサイクル制度の施行状況の評価・検討について」に基づき、家電リサイクル制度の見直しに係る再商品化・資源化等基準の引上げを行うため、2015年3月1日(日)までの間、広く国民から意見を募集する。

今回改正される内容は、メーカー等が製造する家電製品を、製造者自身がリサイクル・リユースなどで再商品化すべき量(重量比)に関する基準について、特定家庭用機器廃棄物の適正な処理および資源の有効な利用を一層推進するため、以下のように変更を行うというもの。

エアコンディショナー

現行:70% → 改正後:80%

(※全文:587文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.