> > 住友化学、省エネパワーデバイス市場の拡大を見据え日立金属の事業を買収

住友化学、省エネパワーデバイス市場の拡大を見据え日立金属の事業を買収

記事を保存

住友化学は2月3日、日立金属の化合物半導体材料事業を買収することについて同社と合意した。

住友化学は、今回の買収により日立金属の「窒化ガリウム(GaN)基板・エピウエハ」、「ガリウムヒ素(GaAs)エピウエハ」等に係る事業を取得する。買収の時期は今年4月1日を予定。

日立金属は、「GaN基板・エピウエハ」における先駆者の一社で、最先端の技術レベルを有する。住友化学は、市場が本格的に立ち上がり始めた電子・光学部品用途での事業拡大を図り、パワーデバイス用途の早期事業化にも注力する。日立金属のリソースと優れた量産技術を住友化学の技術と融合することで、現在、住友化学が開発に取り組んでいる次世代GaNエピウエハの事業化も加速する。住友化学がすでに事業化している「GaAsエピウエハ」については、それぞれのリソースを活用し事業基盤を強化する。

複数の元素を材料とする化合物半導体は、シリコンなどの単元素の半導体に比べて電子移動速度が速く、高速・高周波動作、受発光等の優れた特性があり、スマートフォン向け材料等の電子部品用途やLED照明等の光学部品用途をはじめ、産業の各分野に広く使われている。電力効率の向上により省エネルギー社会を実現する次世代パワーデバイス用途は、将来的に需要が大幅に拡大することが期待されている。

住友化学は、情報電子化学部門の長期事業ポートフォリオで、次世代パワーデバイス向け化合物半導体材料を有望分野と位置付けており、今回の買収を通じて事業を一層強化し、同分野におけるリーディング・カンパニーを目指す。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.