> > 鹿児島県に国内最大規模の藻類培養設備 バイオ燃料の生産コスト削減

鹿児島県に国内最大規模の藻類培養設備 バイオ燃料の生産コスト削減

記事を保存
鹿児島県に国内最大規模の藻類培養設備 バイオ燃料の生産コスト削減

IHI、神戸大学及びネオ・モルガン研究所は、NEDOの委託事業において、鹿児島県内にバイオ燃料用藻類(ボツリオコッカス)の国内最大級となる1,500平方メートルの屋外大規模培養試験設備を設置すると発表した。設備は2015年度に運用を開始する。

また、屋外大規模培養試験と並行して、将来の事業実施場所の選定(海外を想定)を進めると共に、バイオ燃料製造コスト低減に向けたプロセス全体の改良を進めていく。

本事業は、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の委託事業「戦略的次世代バイオマスエネルギー利用技術開発事業」において実施するもの。

2012年度に開始した本委託事業では、増殖性に優れたボツリオコッカス株を活用することで、2013年度は、100平方メートル規模での屋外安定培養に成功した(IHI横浜事業所内)。加えて、さらなるコスト低減のため、増殖性の高さに加え、藻体径の増大、浮上性の向上といった事業化での製造コスト削減に資する有用形質を集約した新株の獲得にも成功している。

今回は、本事業の成果を事業化へつなげるために、1,500平方メートルにスケールアップした培養池を有する屋外大規模培養試験設備を設置し、課題抽出等を含めた安定的な藻体量産技術の確立を進めていく。施設は現在建設中で、2015年3月の完成を予定している。

次世代バイオ燃料の生産においては、食料生産と競合しない原料を用いた技術開発が強く求められている。微細藻類は、サトウキビやトウモロコシと違い食料生産の土地と競合する心配がなく、ダイズなどの油糧植物に比べても油脂生産性が高いことから、世界的にもバイオ燃料製造の主たる原料として、その活用が期待されている。

【参考】
NEDO - 戦略的次世代バイオマスエネルギー利用技術開発事業

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.