> > 太陽熱利用システムの省エネ効果、測定・経済性評価に助成金 3月に公募

太陽熱利用システムの省エネ効果、測定・経済性評価に助成金 3月に公募

 印刷 記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、「太陽熱エネルギー活用型住宅の技術開発」の研究開発項目〔4〕「太陽熱活用システムの実証住宅での評価」について、既存住宅の改築を対象に助成事業者の公募を行う。公募期間は3月上旬頃~4月中旬頃の予定。

具体的には、複数の気候区分において、高性能断熱材、高機能パッシブ蓄熱建材及び戸建住宅用太陽熱活用システムを効果的に組み込むために既存住宅の改築を設計し、シミュレーション等により効果を検証した上で適切な設計変更を加える。その後、実証住宅を改築し、各要素技術の省エネ効果と住宅全体での省エネ効果を改築前の性能を含めて測定し、経済性も含め評価・検証するとともに、日本全国の多様な気候に応じて多様な住まいと住まい方の提案等も行う。

(※全文:845文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.