> > 太陽熱利用システムの省エネ効果、測定・経済性評価に助成金 3月に公募

太陽熱利用システムの省エネ効果、測定・経済性評価に助成金 3月に公募

記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、「太陽熱エネルギー活用型住宅の技術開発」の研究開発項目〔4〕「太陽熱活用システムの実証住宅での評価」について、既存住宅の改築を対象に助成事業者の公募を行う。公募期間は3月上旬頃~4月中旬頃の予定。

具体的には、複数の気候区分において、高性能断熱材・高機能パッシブ蓄熱建材・戸建住宅用太陽熱活用システムを効果的に組み込むために既存住宅の改築を設計し、シミュレーション等により効果を検証した上で適切な設計変更を加える。その後、実証住宅を改築し、各要素技術の省エネ効果と住宅全体での省エネ効果を改築前の性能を含めて測定し、経済性も含め評価・検証する。また、同時に日本全国の多様な気候に応じて多様な住まいと住まい方の提案等も行う。

事業期間は平成27年度。同年度末に、全国の気候区分に合わせた実証住宅において、高性能断熱材・高機能パッシブ蓄熱建材・戸建住宅用太陽熱活用システムを実装し、条件を明確にした上で空調・給湯エネルギーが一次エネルギー換算で半減できる可能性を実証する。

NEDOは平成23年度から、「太陽熱エネルギー活用型住宅の技術開発」の助成事業を実施している。本事業では、我が国における住宅の省エネルギーを推進するため、エネルギー消費の約1/2を占める空調・給湯に着目し、そのエネルギー消費の削減を目指す。これまでも断熱材や蓄熱建材の開発は行われており、高い性能を実現した技術もあるが、建築現場での施工性や価格、寿命や品質保証等の課題があり、一部の普及にとどまっている。

本研究開発では、こうした課題を解決することで、既存住宅・新築住宅を問わず太陽熱エネルギーの有効活用に寄与することのできる材料と住宅システムとして統合するための技術を開発することを目標とする。

【参考】
NEDO - 「太陽熱エネルギー活用型住宅の技術開発(改築)」に係る公募について(予告)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.