> > 建物の「エコチューニング」で省エネビジネスを創出 環境省がシンポジウム開催

建物の「エコチューニング」で省エネビジネスを創出 環境省がシンポジウム開催

記事を保存

環境省は、『業務用建築物等の「エコチューニング」による低炭素化・省エネビジネス創出シンポジウム』を3月12日に開催する。同省は、業務用建築物等の「エコチューニング」により削減された光熱水費から収益を上げるビジネスモデルの確立を目指しており、同シンポジウムの場で、これまでの事業成果や、制度の構想、今後の展望等を発表する。

「エコチューニング」とは、事務所やビルなどの業務用等の建築物から排出される温室効果ガスを削減するため、建築物の快適性や生産性を確保しつつ、既存の設備機器・システムの適切な運用改善等を行うこと。

開催日時は3月12日13時30分から16時30分まで(開場は13:00)、会場はイイノカンファレンスセンター4階 Room A(千代田区)。定員200名(要事前申込み、先着順)、参加費無料。プログラムの概要は下記のとおり。

第1部「エコチューニング実践事業の成果報告とビジネスモデルの創出」

  1. 「エコチューニングの効果と技術体系 ~195棟での実践事業の成果~」
    日本ビルエネルギー総合管理技術協会  副理事長 橋本 有史 氏
  2. 「エコチューニングの遠隔支援ビジネスモデルの構築」
    パナソニック エコソリューションズ  部長 栗尾 孝 氏
  3. 「エコチューニングの普及・定着に向けた取り組み~技術者資格制度、事業者認定制度の創設に向けて~」
    全国ビルメンテナンス協会 理事 金子 誠 氏

第2部 先進事例の紹介とエコチューニングビジネスの可能性
(低炭素化・省エネビジネス先進事例紹介)

  1. 『「福岡市有施設」におけるソフトESCO事業の成果』
    福岡市財政局アセットマネジメント推進部設備課 
    課長 馬場 章弘 氏
  2. 『「初期投資ゼロ」省エネ支援モデル事業(東京都委託事業)』
    東京都地球温暖化防止活動推進センター(クール・ネット東京)
    省エネ推進チーム  主任 永田 晋也 氏
  3. パネルディスカッション
    「エコチューニング」による低炭素化・省エネビジネスの創出に向けて

現在、業務部門(事務所・ビル、商業・サービス業等)からのCO2排出量は、2013年度に1990年度比で約7割増加しており、「エコチューニング」によりCO2の削減に取り組むことが目下の課題とされる。

同省は、平成26年度から「エコチューニングビジネスモデル確立事業」を実施し、技術者の育成と全国約200棟での実践・効果検証、技術者資格制度・事業者認定制度の創設に向けた検討等を行っている。

【参考】
環境省 - 『業務用建築物等の「エコチューニング」による低炭素化・省エネビジネス創出シンポジウム』の開催について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.