> > ゴミ焼却発電の電力をゴミ収集車(EV)に充電 川崎市とJFEが実証実験へ

ゴミ焼却発電の電力をゴミ収集車(EV)に充電 川崎市とJFEが実証実験へ

記事を保存
ゴミ焼却発電の電力をゴミ収集車(EV)に充電 川崎市とJFEが実証実験へ

川崎市とJFEエンジニアリングは、日本初となる廃棄物発電を活用した「エネルギー循環型ごみ収集システムの実証試験」の実施に向けて検討を開始すると発表した。

本事業は、ごみ焼却処理施設で発電した電力を活用する仕組みとして、交換式電池システムを搭載したEVごみ収集車を導入して実証試験を行うもの。平成27年度中の実証試験の実施を目指す。

EVごみ収集車は、交換式電池システムとして、「電池充電・備蓄・交換システム」を利用した電気自動車(EV)システムを搭載。施設内に設置した「電池充電・備蓄・交換システム」ステーションで、EVごみ収集車用の交換式電池を充電するとともに複数の電池を備蓄し、スピーディな交換を行う。また、交換式電池は、災害時には自治体の災害対策拠点などの非常用電源としても活用する。

その他、このごみ収集システムのポイントとして、廃棄物発電を活用したエネルギー循環型の地球環境にやさしいシステムであること、化石燃料を使わず走行中の排出ガスがゼロで、オール電動化による静音な運行を実現できることをあげる。

川崎市とJFEエンジニアリングは、10日、本実証試験の検討に関する覚書を締結したと発表した。川崎市はごみ焼却処理施設などの実証試験のフィールドを各社に提供し、JFEエンジはプロジェクトを総括するとともに、電池充電・備蓄・交換システムの開発を担当する予定。

また収集車両等については、日産自動車、極東開発工業(兵庫県西宮市)および日産グループ企業のオートワークス京都(京都府宇治市)、オートモーティブエナジーサプライ(神奈川県座間市)と連携しながら進めていく予定。

具体的には、日産自動車は電気トラック「e-NT400テストトラック」を活用した収集車のベース車両、極東開発工業が収集車の架装部について協力する。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.