> > 平成27年度の環境保全経費は前年度比5.2%増 除染対策をさらに強化

平成27年度の環境保全経費は前年度比5.2%増 除染対策をさらに強化

記事を保存
平成27年度の環境保全経費は前年度比5.2%増 除染対策をさらに強化

環境省は、政府の経費のうち地球環境の保全、公害の防止並びに自然環境の保護及び整備に関する経費として、平成27年度環境保全経費をとりまとめ、公表した。平成27年度予算案における環境保全経費の総額は、前年度(1兆7,182億円)比5.2%増となる1兆8,069億円だった。

その主な特徴として、「放射性物質による環境汚染の防止」に係る予算の大幅な増額をあげる。東日本大震災からの復興対策として、放射性物質により汚染された土壌などの除染の着実な実施のための予算を大幅に増額したほか、引き続き中間貯蔵施設の整備などに係る予算、放射性物質に汚染された廃棄物の処理に係る予算などを措置した。

環境保全経費について、環境省では毎年とりまとめを行っている。平成27年度予算案における環境保全経費の内訳などは以下の通り。

平成27年度予算案における環境保全経費

(※カッコ内の金額は平成26年度当初予算額)

(1)地球環境の保全 4,456億円(4,955億円)

森林環境保全整備事業/公共施設への再生可能エネルギー先進的設備等導入推進事業/エネルギー使用合理化等事業者支援補助金 など【環境省、農林水産省、経済産業省など】

(2)生物多様性の保全及び持続可能な利用 1,431億円(1,379億円)

水源林造成事業等/国営公園整備費等/自然公園等事業費 など.【環境省、農林水産省、国土交通省など】

(3)物質循環の確保と循環型社会の構築 877億円(982億円)

循環型社会形成推進交付金/廃棄物処理施設整備事業費/災害等廃棄物処理事業費補助金 など【環境省、国土交通省など】

(4)水環境、土壌環境、地盤環境の保全 906億円(923億円)

農村地域資源等保全推進に必要な経費/総合水系環境整備事業費/水産環境整備事業/海洋保全対策費 など【環境省、農林水産省、国土交通省など】

(5)大気環境の保全 2,198億円(2,031億円)

クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金/交通安全施設等整備費補助/微小粒子状物質(PM2.5)等総合対策費 など【環境省、経済産業省、警察庁など】

(6)包括的な化学物質対策の確立と推進 60億円(61億円)

化学物質規制対策事業/食品安全確保調査試験事業委託費/化学物質環境実態調査費 など【環境省、経済産業省、農林水産省など】

(7)放射性物質による環境汚染の防止 6,893億円(5,568億円)

放射性物質により汚染された土壌等の除染/放射性物質汚染廃棄物処理事業/中間貯蔵施設の整備等 など【環境省など】

(8)各種施策の基盤となる施策など 1,249億円(1,283億円)

【環境省、農林水産省、文部科学省など】

※各内訳は億円単位に四捨五入したため、総額などとは一致しない場合がある
※複数の施策体系の区分に該当する経費については、主要区分により集計を行っている。

【参考】
環境省 - 平成27年度予算案における環境保全経費の概要について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.