> > 環境業界の未来を決める気候変動対策の国際交渉 2月13日時点の状況

環境業界の未来を決める気候変動対策の国際交渉 2月13日時点の状況

記事を保存

2月8日~13日、スイス・ジュネーブにおいて、2020年以降の新しい温暖化対策の国際枠組みについて議論を行う、国連気候変動枠組条約の下での特別作業部会(ADP)第2回会合第8セッションが行われた。日本からは外務省・経済産業省・環境省・農林水産省・国土交通省の関係者が出席した。

「強化された行動のためのダーバン・プラットフォーム特別作業部会(ADP)」は、2011年末に南アフリカ・ダーバンで開催された第17回気候変動枠組条約締約国会議(COP17)での決定を受け設置されたもの。(1)2015年に採択される予定の、全ての国に適用される2020年以降の新しい法的枠組み(2015年合意)(ワークストリーム1)及び(2)2020年までの緩和の野心の向上(ワークストリーム2)について議論を行う。

本会合では、2015年合意についての議論を踏まえ、12日の夜に新たな枠組みの交渉テキスト案(「ジュネーブテキスト」)がホームページ上に掲載された。翌13日の閉会会合において、今後、当該文書を交渉テキストとして事務局が編集し、国連公用語に翻訳の上、3月中に締約国に配布されることが決定した。

また、2020年までの野心向上、及びそのためにCOP20決定においてADPに要請された、「技術的検討プロセス」の推進に関する議論が行われた。さらに、今後の技術専門家会合(TEM)の具体的なテーマ等について議論が行われた。会合の最終日に事務局から本会合の概要が発表され、今回の会合を受けて今後の計画が4月までに発表される予定。

政府が本会合の結果を取りまとめて公表している。概要は下記の通り。

2015年合意についての議論(ワークストリーム1)

「交渉テキスト案の要素」については、昨年12月にペルー・リマで開催されたCOP20の決定において、同決定の添付文書としてまとめられた。本会合では、最終日(13日)に「交渉テキスト案」を作成する予定とされていた。

本会合では、まず、「交渉テキスト案の要素」を踏まえ、セクションごとに、各国からの追加提案が受け付けられた。その後、当該文書をどのように簡素化するかについて各国が意見を述べ、これに基づき実際に簡素化のための作業を行うのは次回会合とされた。

2015年合意に関する交渉では、先進国と途上国の意見の違いが改めて浮き彫りとなった。多くの先進国が、2015年合意はすべての国に適用され、気候変動枠組条約の附属書に基づく先進国・途上国の差異化を含めないものとなるべき、2015年合意の核となるのは緩和に向けた各国の取組みであり、緩和に関する目標の周期が必要であること等を主張した。一方、一部の途上国は、気候変動枠組条約の附属書に基づく差異化が2020年以降も継続する、先進国が一定の周期に基づいて緩和に関する目標の提出、資金提供の義務を負うべきと主張した。

目標を提出する周期については、10年を主張する国と5年を主張する国とで分かれ、加えて、5年ごとのレビューを行う案や目標年を5年後とし10年後の参照目標も提出する案等が提示された。また、多くの途上国が、緩和に限らず、適応や資金も同様に目標に関する周期を設定するべきと主張した。

市場メカニズムについては、先進国と途上国を含む多くの国が、経験から学びつつ今後も目標の達成に市場メカニズムを活用することは有益であると主張したが、一方でその活用に反対する国もあった。また、2015年合意の下で定めるべきルールの内容、国連の関与のあり方、対象とするセクター、既存の京都メカニズムの取扱い等について議論が行われた。

こうした議論を踏まえて、交渉テキスト案(「ジュネーブテキスト」)がまとめられた。日本は、新たな枠組みは全ての国が参加する公平かつ実効的なものであるべき、2015年合意において、各国は1.定量化可能な目標の提出、2.目標達成に向けた対策措置の実施、3.実施状況のレビューを受けること、の3点について義務を負うべき、と主張した。

市場メカニズム(日本の進めている二国間クレジット制度(JCM)を含む)については、各国が目標の達成において、様々な市場メカニズムを適切に活用するよう、クレジットの二重計上防止を含む各国共通の計上ルールを構築していくべきと主張した。

2020年までの緩和の野心向上(ワークストリーム2:WS2)

先進国および途上国の両方からWS2の取組の重要性が述べられた。途上国からは、改正京都議定書の批准が進んでいないこと、支援の提供についてギャップがあること、先進国の削減目標の野心が不足していることなどの主張があった。先進国からは、WS2における昨年からの成果を強調するとともに、先進国及び途上国の双方が着実に2020年までの取組を進めつつ、技術的検討プロセスを着実に実施していくことが重要であること、野心向上に向けては既存の仕組みを活用が重要であること、資金に関しては民間資金の活用が重要であるとの主張がなされた。

また、「技術的検討プロセス」については、主に、1.削減効果の高い取組を実施に移すために「技術的検討プロセス」はどう貢献できるか、2.これまでの経験に基づき、2015年の「技術的検討プロセス」の活動をどう強化するか、3.国以外のアクターの活動に関する情報共有をどう促進すべきかについて、国際機関からの発表と締約国との議論が行われた。

今後のADP交渉予定

次回会合は6月1日~11日にドイツ・ボンにおいて開催される予定。また、通常の6月、12月に加えて、8月31日~9月4日及び10月19日~10月23日の2回のADP追加会合の開催が決定した。

【参考】
環境省 - 強化された行動のためのダーバン・プラットフォーム特別作業部会第2回会合第8セッション(ADP2‐8)の結果について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.