> > 米アップル、8億4800万ドルで130MW分の太陽光発電電力を調達

米アップル、8億4800万ドルで130MW分の太陽光発電電力を調達

記事を保存
米アップル、8億4800万ドルで130MW分の太陽光発電電力を調達

ファースト・ソーラー(米国)は、アップル(米国)がカリフォルニア・フラッツ・ソーラー・プロジェクト(カリフォルニア州モントレー郡)の電力を調達するため、8億4,800万ドルを出資したと発表した。

アップルは、25年間の電力購入契約(PPA)の下、同太陽光発電所から130MW ACの電力供給を受ける。今回の契約は、ファースト・ソーラーが締結した初めての産業用の電力購入契約であり、事業者にクリーンエネルギーを提供する契約としては業界最大となる。

この太陽光発電所の面積は2,900エーカー(約1174万平方メートル)で、カリフォルニア州シャラムに拠点を置くハースト・コーポレーション所有の土地の3%を占める。2015年半ばに着工し、2016年末までに完成する予定。アップルに供給する以外の、残りの150MWの電力については、別の長期PPAの下、パシフィック・ガス&エレクトリック(PG&E)に売電され、発電される全ての電力はアップルとPG&Eに供給される予定。

今回の契約について、ファースト・ソーラーのチーフ・コマーシャル・オフィサー(CCO)、ジョセフ・キシュキル(Joe Kishkill)氏は次のように述べた。

「アップルは、大企業が再生可能エネルギーを使って事業を運営するのかを(他の企業に)示すことで、気候変動への取り組みを先導してくれている」


ファースト・ソーラーは、事業者規模の太陽光発電の開発・建設・運用の実績を踏まえ、長期契約を通じて直接大規模な事業者に卸電力を提供することに戦略的焦点を当てている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.