> > 電力料金比較サイト「エネチェンジ」、電力事業者の無料登録スタート

電力料金比較サイト「エネチェンジ」、電力事業者の無料登録スタート

記事を保存
電力料金比較サイト「エネチェンジ」、電力事業者の無料登録スタート

ケンブリッジエナジーデータラボ社(英国ケンブリッジ)は、エプコ(東京都墨田区)の協力を得て同社が運営する電気料金比較サイト「エネチェンジ」で新電力等の参入予定企業を含む電力事業者からの事前登録受付を開始した。

電力事業者が同サイトへ事前登録すると、(1)エネチェンジへの電力料金プランの掲載や送客準備、(2)新規顧客獲得戦略、既存顧客の囲い込み施策などの相談、(3)欧米の電力自由化事例やエネチェンジのユーザーデータに基づくコンサルティングサービスなどが可能となる。事前登録は無料。

同社は、2月25日~27日に東京ビッグサイトで開催される「第一回電力自由化EXPO」に出展し、電力事業者からの個別相談にも対応する。なお、運営協力先であるエプコ社との共同出展となる。

「エネチェンジ」は、電気の利用状況について5つの質問に答えるだけで、利用者の家庭に最適な電気料金プランを提案し、新しい電気料金プランへの変更の手続き手順までを案内するサービス。電力事業者に顧客を紹介することで「紹介料」を受け取る形の事業モデルとなっている。昨年8月のサービス開始以来、平均で年間約1万3,000円の節約プランを提案している。診断アルゴリズムは、同社が保有する独自の電力消費のビッグデータをもとに構築している。

同社はエネルギーのビッグデータを研究する企業で、日本向けには「エネチェンジ」を運営している。英国に代表される欧州の電力自由化先行事例をみると、電力料金を変更する人の34%は電気料金比較サイト経由であり、電力事業者のホームページ経由の12%と比べると、消費者は「公平・中立な比較サイト」を好むことが実証されている(英国Ofgem 2014調査)。

運営に協力するエプコ社は、住宅設備の工業化をコンセプトに1990年に設立された。近年は、これまで培ってきた住宅・家庭分野でのノウハウや経営基盤を最大限活用し、エネルギー事業にも取り組んでいる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.