> > 国産間伐材の木質チップを自ら製造・供給 林業とつながる木質バイオマス発電

国産間伐材の木質チップを自ら製造・供給 林業とつながる木質バイオマス発電

 印刷 記事を保存

産業廃棄物の処理業やリサイクルを行うタケエイは、岩手県花巻市で計画している木質バイオマス発電事業(花巻バイオマスエナジー)に向けて、バイオマス燃料となる木質チップを製造・供給する「花巻バイオチップ株式会社」を設立した。木質チップは、森林組合や林業事業者ら地元企業や団体から供給される森林間伐材などが原料となる。

花巻バイオチップは、事業主体となる同社の出資率50%を保ちつつ、今後出資体制を構築し、9千万円程度に増資していく予定だ。同バイオ発電所は平成28年度に事業開始予定で、発電量は6,250kWh(年換算で一般家庭約14,000世帯の消費電力量に相当)を見込んでいる。総事業費は20億から30億円。

(※全文:661文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.