> > 26年度補正予算「工場・オフィスの省エネ化・ピーク対策の補助金」 まもなく公募

26年度補正予算「工場・オフィスの省エネ化・ピーク対策の補助金」 まもなく公募

記事を保存

一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)は、工場・オフィス・店舗等において、既設設備・システムの置き換え、または製造プロセスの改善等の改修等により、一定以上の省エネ効果やピーク対策効果が達成できる事業に対する補助金の公募を3月16日(月)から開始する。

本補助事業の名称は、平成26年度補正予算「地域工場・中小企業等の省エネルギー設備導入補助金/地域工場・オフィス・店舗等省エネルギー促進事業(B類型)」。

本公募に伴い、事業概要、補助金の申請方法等についての説明会を開催する。なお、事業内容等詳細については、「公募要領」を3月上旬に公開する予定。概要は以下の通り。詳細はSIIのサイトを確認のこと。

1.公募期間

3月16日(月)~4月15日(水)※17:00(必着、直接、持参は不可)。交付決定は、6月中旬(予定)に一括して行う。申請から採択までの期間(目安)は、公募締め切り後、約2ヵ月。

2.補助事業の概要

既設の工場・事業場等における先端的な省エネ設備・システム等の導入であって「省エネルギー効果・電力ピーク対策効果」、「費用対効果」、「技術の先端性」などを踏まえて政策的意義の高いと認められる事業に対し、地域工場・中小企業等省エネルギー設備導入促進事業費補助金交付規程にもとづき補助金を交付する。

具体的には、工場・事業場等における既設設備・システムの置き換え、又は製造プロセスの改善等の改修により、省エネルギー化を行う際に必要となる費用を補助する。また、電力ピーク対策についても支援対象とするとともに、エネルギー管理支援サービス事業者(エネマネ事業者)と連携し、エネルギーマネジメントシステム(EMS)を導入することでより一層の効率的・効果的な省エネルギーを実施する事業についても支援を行う。なお、本事業は単年度事業とする。

3.対象者

事業活動を営んでいる法人及び個人事業主

4.補助金限度額

上限:1事業あたりの補助金 50億円
 下限:1事業あたりの補助金 100万円(補助金100万円未満は対象外)

補助率1/3の場合は補助対象経費300万円以上、1/2の場合は200万円以上、2/3の場合は150万円以上。

5.事業期間

交付決定日から2016年1月29日(単年度事業に限る)

6.説明会

事前登録は不要。ただし、会場が満員になり次第受付を終了する。公募説明会は2時間を予定している。

説明会は、3月16日(月)に愛知、香川、3月17日(火)に東京、3月17日(火)に広島、3月18日(水)に大阪、北海道、3月19日(木)に福岡、宮城、沖縄で開催する。

7. 申請に必要となるアカウントについて

交付申請はSIIが提供する「補助事業ポータル」(WEB)を活用して行うことができる。「補助事業ポータル」を利用するためにはアカウントの登録をする必要がある。アカウントの登録は公募開始(3月16日予定)から行うことができる。

地域工場・中小企業等の省エネルギー設備導入補助金について

本補助事業では、上記B類型と、最新モデル省エネルギー機器等導入支援事業(A類型)の2つの事業を実施する。A類型では、地域の工場やオフィス、店舗等において、エネルギー削減効果が確認できる最新モデルの省エネルギー機器等を導入する際に、導入機器等の費用に対して補助を行う。同一事業所において、A類型とB類型の両事業への申請は不可。また、A類型とB類型ともに生産性向上設備投資促進税制との併用は不可。事業所等は、検討している省エネルギー事業の内容を勘案して、補助事業を選んで応募する必要がある。

本補助金の平成26年度補正予算額は929.5億円。A類額の予算額は800億円程度で、B類型の採択金額により上限額が変動することがあるとしている。

【参考】
SII - 平成26年度補正予算 地域工場・オフィス・店舗等省エネルギー促進事業(B類型)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.