> > 工場に導入した木質バイオマスの熱電併給システム、エネルギー利用効率70%

工場に導入した木質バイオマスの熱電併給システム、エネルギー利用効率70%

 印刷 記事を保存

コマツ(東京都港区)は、国内の主力工場のひとつである粟津工場(石川県小松市)敷地内に、石川県の未利用間伐材の木材チップを使用する「バイオマス蒸気ボイラシステム」を新たに設置した。

同システムは、ボイラからの蒸気を発電に利用するだけではなく、排熱自身も空調などに最大限利用することで高いエネルギー効率を実現。これにより昨年5月に竣工した同敷地内新組立工場が目標とする年間購買電力量の90%以上削減を2015年度にも達成する見込み。

(※全文:517文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.