> > バイオガス精製時のCO2除去技術や特許、工場など 日立がドイツ企業から取得

バイオガス精製時のCO2除去技術や特許、工場など 日立がドイツ企業から取得

記事を保存

Hitz日立造船(大阪府大阪市)の100%子会社で、ごみ焼却・発電プラント(EfWプラント)の設計、建設、保守などを手掛けるHitachi Zosen Inova(スイス/HZI)は、MT-BioMethan GmbH(ドイツ/MTB)からバイオガス精製における技術・ノウハウ、実績、特許、工場など資産一式を取得した。

HZIは、昨年12月にバイオガス化技術の代表的手法の1つであるコンポガス技術を取得したが、今回の資産取得によりコンポガス技術とバイオガス精製技術を組み合わせた幅広い提案が可能となる。

Hitz日立造船は、HZIと連携し、ごみ焼却発電プラントやバイオガスプラントなどで最先端の技術を国内外の顧客に提案し、再生可能エネルギーの普及やCO2削減、資源循環型社会の形成に積極的に貢献していきたい考えだ。

バイオガスは、主に発電や熱供給に利用することが一般的だが、電気と比較しガスの状態の方が輸送・貯蔵に優れているため、近年ではCO2除去などの精製を行うことでより純度の高いバイオガスにアップグレードさせて活用するニーズが高まっている。精製されたバイオガスは、発電や熱供給だけでなく一般家庭への供給や自動車燃料などに利用される。

バイオガスの精製方式には、「アミン・スクラビング方式」や「メンブレン方式」などがある。MTBは両方の技術を有しているが、特にアミン・スクラビング方式で高いシェアを有し、ドイツやスイス、フランスなどに46カ所のバイオガスプラントに精製装置を納入している。また、コンポガス技術が採用されているバイオガスプラントにも10件の納入実績を有する。

バイオガスは再生可能エネルギーの1つであり、2020年までにエネルギー消費における再エネの割合を20%以上に高めることを目標とするEUで需要が高まっており、特にバイオマス技術の先進国であるドイツでは、2001年から2014年にかけ6,000カ所以上のバイオガスプラントが建設されている。大部分のバイオガスプラントにはCO2まで除去する精製装置は備わっていないため、今後は装置導入が期待される。

なお、コンポガスはバイオガス化の代表的な手法の1つ。生ごみなど有機性廃棄物を酸素のない状態で約55℃の温度に保ち、微生物の働きによりメタンガスを発生させる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.