> > 太陽光発電の設備認定、申請忘れ トーエネック社員、文書改ざんで37→38円に

太陽光発電の設備認定、申請忘れ トーエネック社員、文書改ざんで37→38円に

 印刷 記事を保存

中部電力グループのトーエネック(愛知県名古屋市)は13日、同社の社員が、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)において、2件の住宅用太陽光発電設備認定通知書の交付日等を改ざんし、買取事業者である中部電力へ虚偽の申込みを行っていたと発表した。

本件は、同社社員が、再生可能エネルギー発電設備電子申請サイトにて取得した2件の「10kW未満の太陽光発電設備に係る設備認定通知書」の交付日および認定日について、別に印刷した数字を切り貼りして改ざんした上でコピーし、中部電力にファックスで送信し、電力受給契約の申込み手続きをしたもの。

本来の交付日・認定日は2014年4月17日で、改ざん後の交付日・認定日は2014年3月17日。

同社によると、2件の事案は、2014年3月に、社員が担当していた住宅用太陽光発電の設置において、設備認定の申請を失念していたことに端を発している。

(※全文:925文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.