震災から4年、電気自動車がいま防災にできること 日産が国連で紹介

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

日産自動車(神奈川県横浜市)は、国際的な防災戦略について議論する国連主催の第3回国連防災世界会議に参加し、蓄電機能や電源供給機能、通信機能など、災害時における電気自動車(EV)の新しい活用方法を提唱している。

本会議は、3月14日(土)から3月18日(水)まで、仙台国際センター(宮城県仙台市)にて開催されている。同社は、会議場の出展エリアに、電気自動車(EV)の「e-NV200」と「リーフ」を展示し、自然災害科学や実践的防災学に関する世界最先端の研究を推進する東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS、宮城県仙台市)監修のもと、災害発生から復旧まで、人々や社会に貢献するEVの新たな役割を紹介している。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報