> > 電力小売事業への参入、料金計算や顧客情報の管理システムは何を使う?

電力小売事業への参入、料金計算や顧客情報の管理システムは何を使う?

 印刷 記事を保存

関電システムソリューションズ(大阪府大阪市/KS-SOL)は、2016年4月から実施される電力小売自由化に際し、新たに参入する電力小売事業者(高圧一括受電事業含む)向けに開発した顧客情報管理システム「NISHIKI」を提供する。

「NISHIKI」は「New Innovative Solutions with Highly adaptable Kits」の略で、「電力小売事業者のための、高い適合性を兼ね備えた革新的ソリューション」の意味。主な機能は、顧客管理、料金計算、収入管理、ウェブ上のサポート。顧客ニーズに合ったサービスの提供を提供できる点、既存システムに不足した機能だけを導入できるなどコスト面でのメリットが大きい点などが特長だ。

同サービスの機能や特徴は下記の通り。

(※全文:1,027文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.