> > 温室効果ガスを観測する日本の人工衛星 性能アップでNASAと協力へ

温室効果ガスを観測する日本の人工衛星 性能アップでNASAと協力へ

 印刷 記事を保存

環境省・国立環境研究所・JAXA(宇宙航空研究開発機構)と、NASA(米国航空宇宙局)は、それぞれが開発・運用する温室効果ガス観測専用衛星の相互協力により衛星データの品質向上をはかることで合意し、協力体制を締結した。

温室効果ガスを観測するGOSAT(愛称「いぶき」)は、環境省・国立環境研究所・JAXAが共同で開発した人工衛星だ。二酸化炭素とメタン観測専用としては世界初。2009年1月23日に打ち上げられ、現在も観測を続けている。さらに現在「いぶき」の後継機(GOSAT-2)が、2017年度の打ち上げを目指し開発が進められている。

(※全文:634文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.