> > 温室効果ガスを観測する日本の人工衛星 性能アップでNASAと協力へ

温室効果ガスを観測する日本の人工衛星 性能アップでNASAと協力へ

記事を保存
温室効果ガスを観測する日本の人工衛星 性能アップでNASAと協力へ

環境省・国立環境研究所・JAXA(宇宙航空研究開発機構)と、NASA(米国航空宇宙局)は、それぞれが開発・運用する温室効果ガス観測専用衛星の相互協力により衛星データの品質向上をはかることで合意し、協力体制を締結した。

温室効果ガスを観測するGOSAT(愛称「いぶき」)は、環境省・国立環境研究所・JAXAが共同で開発した人工衛星だ。二酸化炭素とメタン観測専用としては世界初。2009年1月23日に打ち上げられ、現在も観測を続けている。さらに現在「いぶき」の後継機(GOSAT-2)が、2017年度の打ち上げを目指し開発が進められている。

2翼式太陽電池パドルを有する「いぶき」

「いぶき」宇宙から見た大都市のCO2濃度

「いぶき」宇宙から見た大都市のCO2濃度

また、NASAが開発した観測衛星は、炭素観測衛星2号の「OCO-2」。昨年の7月2日に打ち上げられ、二酸化炭素を観測する。

これらの人工衛星はいずれも、宇宙から温室効果ガスの濃度分布を観測し、温室効果ガス吸収排出状況を把握するなど、地球規模での温暖化防止に取り組むことを目的に、軌道を周遊する。

今回の署名は、「いぶき」とその後継機、「OCO-2」の3タイプの衛星データを共有し協力する旨の「スリー CO2ミッションに関する了解覚書」に行われ、2014年11月21日に、日本・アメリカ間で交わされた同意義の交換公文に基づいて執行された。

今回締結された協力体制により、相互の衛星から得られるデータの比較検証や、地上観測点の共有などを通じて、温室効果ガス濃度の精度検証など、衛星データの品質向上を目指す。

【参考】
環境省 - JAXA・国立環境研究所・環境省と米国航空宇宙局との間のGOSAT、OCO-2、GOSAT-2ミッションに係る協力について
JAXA - 温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」(GOSAT)

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.