> > 業務用の冷凍・空調機器、4月から始まる定期点検は準備OK? 新サービス登場

業務用の冷凍・空調機器、4月から始まる定期点検は準備OK? 新サービス登場

記事を保存

三菱電機ビルテクノサービス(東京都荒川区)は、4月から施行される「フロン排出抑制法」への対応に特化した、冷凍・空調設備機器保守、管理の新たなサービスメニュー「フロン漏えい検査契約」を4月1日に発売する。

オゾン層の保護および地球温暖化対策を目的として、フロン排出抑制法が4月から新たに施行される。これにより業務用冷凍・空調機器の所有者(管理者)は、「定期・簡易点検」「点検の記録」「フロン漏えいがあった場合の報告」などが義務付けられる。

現在、同社が提供している冷凍・空調保守サービスの「通常点検メニュー」には、すでにフロン排出抑制法で義務付けられる作業項目が含まれているが、新サービスメニューはこの法対応に特化したもの。これにより同社は新規顧客の獲得を図り、冷凍・空調機器の保守契約の拡大を目指す。目標は新規契約台数30万台。

「フロン漏えい検査契約」の特長は以下の通り。

【1】有資格者による機器点検

フロン排出抑制法により定められた検査項目を、有資格者(第一種冷媒フロン類取扱技術者)が点検・作業する。

【2】機器の所有者(管理者)の管理、報告業務をサポート

機器の点検や修理、冷媒の充填・回収などの履歴などの記録・保存の業務を支援する。

同社は、全国約280ヶ所の事業所、24時間365日対応の9カ所の情報センターを通じて、全国約42万台の冷凍・空調機器の保守、管理を行っている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.