> > 新京成電鉄、BCPで太陽光発電とEV導入 災害時でも交通網を早期復旧

新京成電鉄、BCPで太陽光発電とEV導入 災害時でも交通網を早期復旧

記事を保存
新京成電鉄、BCPで太陽光発電とEV導入 災害時でも交通網を早期復旧

新京成電鉄は、事業継続計画(BCP)の策定に伴い、災害発生による停電時でも本社機能の一部を維持させることができる給電システムを構築し、3月から運用を開始したと発表した。

本システムにより、災害発生による停電時でも鉄道やバスの早期復旧の検討を進めることができるようになる。

今回構築した給電システムは、太陽光発電電気自動車(EV)を使い、災害発生時に本社に設置する対策本部などの一部の本社機能を維持させるためのもの。停電時には、太陽光で発電された電力を給電し、夜間などは太陽光発電により充電された蓄電池により給電する他、蓄電池の電力がなくなった際にはEVから給電することが可能。これにより、駅などの各拠点との通信や夜間の照明など、停電時でも数日間運用することができる。また、通常時は、太陽光で発電された電力を本社に給電しているため、節電にも寄与する。

事業継続計画(BCP)は、地震・事故・システム障害などが発生した場合を想定し、企業等が基幹事業を継続、また早期に再開するために策定する行動計画をいう。

新京成電鉄では、大規模地震を想定し、被害を受けても中核事業である鉄道事業を可能な限り事業継続もしくは早期に復旧させることを目的に事業計画を策定し、2014年8月より運用を開始した。また、防災訓練を毎年実施しており、対策本部と各部門の情報伝達手順の確認や車両脱線普及訓練等を行っている。

同社では、地震発生後の事業継続計画を遂行するため、防災用品の備蓄、本社内の書庫などの転倒防止対策など、非常事態に備えた取り組みを引き続き進めていく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.