新京成電鉄、BCPで太陽光発電とEV導入 災害時でも交通網を早期復旧

  • 印刷
  • 共有
※画像はイメージです
※画像はイメージです

新京成電鉄は、事業継続計画(BCP)の策定に伴い、災害発生による停電時でも本社機能の一部を維持させることができる給電システムを構築し、3月から運用を開始したと発表した。

本システムにより、災害発生による停電時でも鉄道やバスの早期復旧の検討を進めることができるようになる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報