> > CO2回収・貯留・利用の世界規模は15年比で30年に31倍 民間予測

CO2回収・貯留・利用の世界規模は15年比で30年に31倍 民間予測

 印刷 記事を保存

矢野経済研究所は、CO2回収・貯留・利用(CCSU)技術について調査し、将来を予測した結果を発表した。2015年のCCSUの世界規模は年間33Mt-CO2。これが2030年には年間1,040Mt-CO2、2050年には年間4,590Mt-CO2に拡大すると予測する。

市場導入初期においては、CCSプロジェクトの収益性を向上させる石油増進回収(EOR)がCCSUをリードすることが予想される。しかし、EORが可能な場所は限られているため、徐々にポテンシャルのより大きな帯水層への貯留が増加していくとみている。

(※全文:1,485文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.