> > ミドリムシによるバイオ燃料、寒冷地でも使用可能に? 大阪府立大が新発見

ミドリムシによるバイオ燃料、寒冷地でも使用可能に? 大阪府立大が新発見

 印刷 記事を保存

大阪府立大学などは、光合成生物・ユーグレナ(ミドリムシ)が細胞内に蓄積する油脂・ワックスエステル合成系の代謝改変に世界で初めて成功した。その結果、ワックスエステルを原料としたバイオディーゼル燃料の凝固点を下げることができた。

これは、ユーグレナが持つ機能を活用し、さらに人為的に制御することによって、目的に応じた特性のバイオ燃料を生産する技術につながる第一歩となる重要な成果といえる。

これまでワックスエステルを輸送用燃料に変換して利用するための研究開発が進められているが、合成メカニズムに不明な点が多く、ワックスエステル合成を制御することは困難だった。今回、同大の研究グループなどは、ワックスエステル代謝を解析・制御して、人為的にワックスエステルを改変する研究に取り組んだ。

(※全文:304文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.