> > コカ・コーラが環境目標を設定 あと5年でカーボンフットプリントを25%削減

コカ・コーラが環境目標を設定 あと5年でカーボンフットプリントを25%削減

記事を保存
コカ・コーラが環境目標を設定 あと5年でカーボンフットプリントを25%削減

日本コカ・コーラと全国7社のボトリング会社等で構成されるコカ・コーラシステムは、環境サスティナビリティ(持続可能性)への取り組みの新たな指標として2020年までの目標を策定した。

2020年までに製品のカーボンフットプリント(製品ライフサイクルの中で排出するCO2の量)を2010年比で25%の削減や、ペットボトルを使用するすべての製品に、植物由来の原料を使用したPETまたはリサイクルPETを使用したペットボトルの採用を目標に掲げる。

コカ・コーラシステムでは、「エネルギー削減・温暖化防止」、「持続可能な(環境に配慮した)容器」、「水資源保護」を長期的な環境の重点分野として位置づけた、環境2015年目標に取り組んできた。今回策定した2020年目標では、それら3つの重点分野に新たに「持続可能な農業」を加えて、4つの重点分野において、持続可能な自然資源の利用および地域社会の持続的発展への取り組みを拡大する。環境2020年目標の概要は以下のとおり。

コカ・コーラ 環境2020年目標

エネルギー削減・温暖化防止

2020年までに製品のカーボンフットプリントを2010年比で25%削減することを目指す。

2020年目標はこれまでの対象範囲を拡大し、製品の原材料から容器、製造、配送、そして販売(主に自動販売機)までを取り組みの対象とする。また、温暖化防止取り組みの一環として、2020年までに国内市場に設置されているすべての自動販売機をノンフロン化し、温暖化係数の低い自然冷媒を採用する。

持続可能な(環境に配慮した)容器

2020年までに持続可能な素材をすべてのコカ・コーラ社製品に採用することを目指す。

軽量化や空容器の回収・リサイクル推進の取り組みに加え、ペットボトルを使用するすべてのコカ・コーラ社製品に、植物由来の原料を使用したPETまたはリサイクルPETを使用したペットボトルの採用を目指す。

水資源保護

2020年までに製品製造に使用した量と同等量の水を自然に還元する「ウォーター・ニュートラリティー」の達成を目指す。

水の使用効率の改善、水の再利用と排水管理の徹底、そして水資源涵養の取り組みを通じて、達成を目指す。

  • 2010年比で原単位で約60%の水使用効率の改善
  • 製造プロセスで使用する水の再利用と、自社基準または国内基準のうち厳しい方の基準を採用した排水管理の徹底
  • 流域保全計画や地域の水関連計画への支援を通して、飲料となる分の水量を新たに育み、工場水源域の水資源を涵養

持続可能な農業

2020年までに飲料や容器の原材料となる主要な農産物を100%持続可能な供給源から調達することを目指す。

原材料調達における独自認証「持続可能な農業に関する指針(SAGP※)」に適応する調達を行っていく。日本では、お茶やコーヒー豆、酪農製品に重点を置いた持続可能な農業推進に取り組んでいく。

※SAGPは、職場環境や人権、環境保護、農業管理システムなどの領域において、コカ・コーラシステムが目指す高い管理基準を定義した独自認証をいう。

コカ・コーラシステムについて

コカ・コーラシステムは、ザ コカ・コーラ カンパニーの日本法人で、原液の供給と製品の企画開発をおこなう日本コカ・コーラと、全国7社のボトリング会社および3社の関連会社などで構成されている。国内で炭酸飲料および非炭酸飲料ブランドなど50以上の製品を取り扱う。サスティナビリティーの取り組みについては、「お客様(個人)」「地域社会」「環境」を取り組みの軸とするグローバルな方針に整合し、9つの重点分野における活動を全国で展開する。同社では、環境のサスティナビリティーに取り組むことは、2020年を目標年とする成長戦略「2020 VISION」達成に欠かせない要件と捉えている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.