> > デンプンからバイオエタノールを直接作れる酵母を発見 バイオ燃料のコスト減か

デンプンからバイオエタノールを直接作れる酵母を発見 バイオ燃料のコスト減か

 印刷 記事を保存

龍谷大学農学部の島 純 教授、京都大学の谷村 あゆみ 研究員、小川 順 教授らの研究グループは、食品廃棄物などに多量に含まれるデンプンからバイオエタノールを生産する際、多糖分解酵素での処理工程が不要となる酵母を発見した。

従来、デンプンなどの多糖類からバイオエタノール生産する一般的な工程は、アミラーゼなどの多糖分解酵素で処理した後、酵母株により発酵させるがコストが高く、多糖分解処理を必要としない一気通貫プロセスの開発が課題となってきた。遺伝子組み換え株を用いる技術は開発されているが、その場合、生産プロセスが煩雑になるという問題点があった。

(※全文:537文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.