> > デンプンからバイオエタノールを直接作れる酵母を発見 バイオ燃料のコスト減か

デンプンからバイオエタノールを直接作れる酵母を発見 バイオ燃料のコスト減か

記事を保存
デンプンからバイオエタノールを直接作れる酵母を発見 バイオ燃料のコスト減か

龍谷大学農学部の島 純教授、京都大学の谷村 あゆみ研究員、小川 順教授らの研究グループは、食品廃棄物などに多量に含まれるデンプンからバイオエタノールを生産する際、多糖分解酵素での処理工程が不要となる酵母を発見した。

従来、デンプンなどの多糖類からバイオエタノールを生産する一般的な工程は、アミラーゼなどの多糖分解酵素で処理した後、酵母株により発酵させる方法が一般的であった。しかしこの方法はコストが高く、多糖分解処理を必要としない一気通貫プロセスの開発が課題となってきた。遺伝子組み換え株を用いる技術は開発されているが、その場合、生産プロセスが煩雑になるという問題点があった。

これらの背景をふまえ、同研究グループは、酵母の自然分離株を対象とし、デンプンからのバイオエタノールの一気通貫生産能を持つ探索研究を実施した。その結果、京都大学構内の土壌より単離した酵母JCM18690株を用いることで一気通貫プロセスが可能となることがわかった。

また、この酵母株が、食品廃棄物も含めたさまざまなバイオマス資源からエタノールを生産するのに適した性質を持っていると発表している。

同研究は、JST戦略的創造研究推進事業において実施されている。また、同研究成果は英国科学誌「Scientific Reports」のオンライン版で公開された。

【参考】
龍谷大学 - デンプンからバイオエタノールを一気通貫生産できる酵母を発見

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.